レイアウト
「Love」

シャドーボックスを作ろう
メモリープレイス
使用した材料

☆ Paper Feverの「Day Dream パステル」ピンクから、花柄のパターンペーパー
  を台紙として使いました。Paper Fever商品ページ

☆ Making Memories 「Perspectives」シリーズの「パーフェクトピンク」を
  上にのせています。またこのカードストックの窓になってる部分を利用して
  シャドーボックスを作りました。Making Memoreis Perspectivesの商品ページ

☆ タイトル、「Love」 はMaking Memoriesのアルファベットチャーム(大)。
 Making Memoriesメタルワードの商品ページ

☆ 「Baby」「Joy」はMaking Memoriesのメタルワード、「ベビー」セットから。
 Making Memoriesメタルワードの商品ページ
☆ Jolee's Boutiqueから「Baby Girl」ステッカー。Jolee's Boutiqueの商品ページ

☆ グルードット・ミニ。(メタルワードやメタルアルファベットを貼りつけるのに使用。)
 接着剤の商品ページ
☆ 両面テープ。(写真やマットを貼り付けるのに使用)接着剤の商品ページ
☆ グルースティック(やぶったパターンペーパーを貼るのに使用。)
 接着剤の商品ページ
☆ Sticky Strips(厚みのある両面テープ。シャドーボックスを作るのに使用。)
 接着剤の商品ページ


使用した道具


☆ ペーパートリマー12インチ用 便利ツールの商品ページ
☆ はさみ。

使用した材料と道具はショップででお買い求めいただけます。リンクをクリックしてください。

Copyright © 2003-2004 by Emiko Kume, Memory Place

メモリープレイス「大好き!スクラップブッキング」HPへ戻る
メールはこちらへどうぞ

作り方

Making Memories 「Perspectives」と、Paper Feverの花柄模様ペーパーを使ってレイアウトを作りました。

「Perspectives」は窓枠がついてるので(四角い穴が開いてる)、その部分を利用してシャドーボックスにしてみました。
シャドーボックスというクラフトは日本でも人気ですね。スクラップブッキングでは、このように段差がついている
フレームの中に写真や飾りを入れることをシャドーボックスと言ってます。

シャドーボックスにすると、おもしろい効果が出るのと同時に、アルバムに入れた時、3Dのステッカーやボタンなど、
厚みのあるものが直接シートプロテクターにあたらずに保護されます。

完成品はページ全体に厚みがあるので、アルバムのシートプロテクターにそのまま入れるのは、かなりきついと思います。
きつくなりそうだったら、作る前に台紙にするペーパーや「Perspectives」を少しカットしたほうが良いです。

1.まず「Perspecitives」を使って、
  写真の位置を決めました。
  花柄のペーパーはちぎって横に
  ボーダー状に置きました。
  その上に、アルファベットチャームで
  「love」の言葉を作り、グルードットミニ
  で貼りました。花柄ペーパーの下に
  ペンでジャーナルを書きました。

2.「Perspectives」に写真を貼ったあと、
  裏から見るとこんな感じです。

  ところでこのPerspecitevesのピンクは
  表と裏、薄いピンクともう少し濃いピンク
  2色あり、どちらでも使えるようになって
  います。

3.花柄のペーパーを一番下に置き、
  台紙として使いました。窓枠の位置
  を確認しながら、シャドーボックス内
  に置く飾りの位置を決めて貼りました。

4.Sticky stripsやフォームスクエア
  (厚みのある両面テープです)を
  裏に貼りました。シャドーボックスにする
  部分の周り4辺と、外側4辺をしっかり
  囲ってください。


5.花柄ペーパーの上に位置を確認しながら
  Perspectivesを貼ります。
  多少ずれても、あとで後ろから花柄ペーパー
  を切ってしまえばいいので、あまり心配
  しなくても大丈夫です。シャドーボックスに
  する部分だけ、ちゃんと窓の位置を確認
  してください。

6.できあがり。


タグにもシャドーボックス!

タグでもシャドーボックスを作ってみたことがあります。
こちらは小さいから簡単にできますよ。

シャドーボックスを応用して、シェイカーボックスを
作ることもできます。シェイカーボックスの中にビーズ
やShaved Iceなどを入れて揺らすとキラキラ動いてきれいです。

シェイカーボックスを作る場合は、Sticky Stripsで間が
あかないようにきっちり貼って、アシッドフリーの
トランスパランシーや、アルバムのシートプロテクター
を形に切って表面の裏側から貼るとできます。

このタグを使ったレイアウトも「大好き!スクラップブッキング」
に掲載しました。見てね〜!日本語書籍「大好き!スクラップブッキング」の情報ページ


クリックすると拡大します。