「スクラップブッキング」は、日頃撮っている写真(家族、学校行事、旅行、イベント、お誕生日、季節の行事、
なんでもない毎日、他)を、ただアルバムに貼るだけでなく、写真を好きな形、大きさにクロップ(切りぬき)して、
回りにカラフルな台紙、シール、スタンプ、切り抜き等、飾りを置いてデコレートして、楽しむクラフトです。
自分用、又はギフト用にテーマ別のアルバムを作ったり、ポスターやグリーティングカードにしたり、
と用途も色々。誰でも楽しめる気軽な紙工作、アートです。

また、アシッドフリー、リグニンフリーの製品を使用することにより、写真や使用する紙製品の劣化を防ぎ、
アルバムや他の作品を次の世代へ残せるよう、長期保存を目的としています。

アメリカでは、1980年に初めて紹介されて以来、人気が徐々に広がり、現在では、専門店、講座、
ワークショップ、展示会、専門誌、等により、全米規模で活動展開されています。家族の記録や自分史を
楽しく作成できることから、有意義な趣味、クラフトとして、年齢を問わず、子供からシニアまで、幅広い層に
支持されています。

初心者や多忙な人は、道具や材料を利用しながら、気軽に簡単に楽しい作品を作成できる反面、
凝りたい人は個々の芸術的センスを生かした、繊細、又はダイナミックな作品を作ることが
可能であり、どのスキルレベル、アーティスティックバックグランドの人もそれぞれに楽しめる、という
特徴があります。

スクラップブッキングって何?

メモリープレイス

Copyright © 2002 by Emiko Kume, Memory Place

メモリープレイス「大好き!スクラップブッキング」HPへ戻る
メールはこちらへどうぞ