メモリープレイス

イベントレポート 「スクラップブック・エキスポ」

10月16日(木)。サンノゼ空港到着〜専門店ツアー。

さてさて今回のスクラップブック・エキスポには、日本からの参加者、説子さんと久保田さんと一緒に3人
で参加してきました!場所は、カリフォルニア州の州都、サクラメント市です。

私はサンノゼ市に住んでいますので、車で2時間ちょっとのところ。サクラメントには国際空港が無いので、
サンノゼ空港へ飛んでもらいました。成田空港からアメリカン航空の直行便が出ています。

おふたりには、コンベンションの前日、16日に到着してもらって、16日は朝から晩まで、サンノゼとその
近辺で、スクラップブッキング専門店巡り!なんと、5軒回りました。文字通り朝から晩まで。
お二人のパワーには本当に驚かされちゃいました。

行ったお店は下記のとおり。
Scrapbook Mania
Only the Best(スタンプ専門店)
Memories
Scrapbook Island
Scrapbook U

最後に訪れた、、Scrapbook Uには、閉店間際の7時半ごろに到着。オーナーのモニカさんはニコニコと、
「どうせ今晩は教室をやってるから、それが終わるまで私はいなくちゃいけないの。ゆっくりしてってね。」
と、おっしゃってくださるので、お言葉に甘えて、結局閉店時間(8時)をとっくに過ぎた、夜、9時半頃まで
買い物しました(汗)。このお店には、常に、最新ものが揃えてあり、開催しているクラスもよそより一歩
進んでいる
ので、私も要チェック、大好きなお店です。説子さんと久保田さんにも満足いただけたよう。

やっと買い物を終えて、隣のピザ屋さんで夕食を済ませ、サクラメントに向かったのでした。
ところで、このピザ屋さんのおにいさんも、スクラップブッキングをやってるそうで、食事中に、彼が作った
ニューヨーク旅行のアルバムを見せてくれました。男性が作るとまた、かっこいいものができていいですね!
とても素敵なアルバムに感動して一緒に写真を撮らせてもらいました。久保田さんと説子さんのカメラで。

2003年10月17日(金)&18日(土) カリフォルニア州サクラメント市

Copyright © 2003 by Emiko Kume, Memory Place

メモリープレイス「大好き!スクラップブッキングHPへ戻る
メールはこちらへどうぞ

10月17日(金)。スクラップブック・エキスポ1日目。

前日はサクラメントに到着したのが、結局夜中過ぎだったのにもかかわらず、
しっかり朝は起きてしたくをしました。一般開場は12時。VIP入場(事前に登録を
済ませた人)でも11時開場だったのですが、実は私達はマル秘な技を使って、
10時過ぎに入場!


マル秘な技っていうのは・・・SBのお店を経営している人、又は関係者は
名刺などを提出すると、Trade Hourという、そういう関係者だけが入れる
時間に入れてくれるのです。本人以外にひとり、招待客を連れていって
よいそうです。←全然マル秘じゃない。
で、3人で「BUYER」バッジをつけて入場!

「BUYER」バッジをつけていると、展示場のブースで企業やお店側から
当然色々話しかけられます。スペシャルディスカウントもあるので、さっそく
また皆でお買い物!

ワークショップ「オーバーレイズ」

さて、そうこうしているうちに、最初のワークショップ、「オーバーレイズ」
時間になりました。教室へ移動。ところで、こういうワークショップも事前に
オンライン登録、支払いしています。そうしないと、当日までに売り切れてしまう
ワークショップがたくさん!
人気があるものは特に気をつけましょう。

「オーバーレイズ」はDie Cuts With a Viewという、メーカーによる、
ワークショップです。ここは当店でも扱っている、マットスタックスも出して
いますが、クラスはオーバーレイズという、枠状になってるカードストックに、
写真を色々はめこむ、というか、写真を裏に貼る、という便利ものの紹介でした。
これを使うと、カラーブロックやモザイクなども簡単にできます。
うちのお店にも入れよう!と決心。

講師は、この会社のオーナーの義理の娘さん。写真のとおり、とてもきれいな
女性です。本当は中学の教師だそうです。作品例もたくさん持ってきて見せて
くれました。応用が色々きくので、すごく便利そう!

説子さんと久保田さん。
会場入口前にあった、SEIというメーカーのトラックの前で。
ここのペーパーもこういうデザインなんです。

「オーバーレイズ」のワークショップ後に、
講師のアシュレーさんと。

ワークショップ「All That Sparkles」

午後はMagic Scrapsというメーカーのワークショップへ行きました。
なんと、内容が、3月にサンノゼで行ったスクラップブック・エキスポの
時のものと、全く同じ!びっくり。まあ説子さんと久保田さんにとっては
初めてだから、いいか〜。

ここはキラキラ光るビーズや、グリッター、Shaved Ice, ティンセルなどで
人気のメーカーです。ワークショップ予約も一番初めに売り切れました。

下記のものをページアクセントとして作りました。エンジェルは、Shaved Ice という、
キラキラしたフレーク状の紙(?)を背景に貼り付けています。強力なテープで
貼ります。ちょっとだけ、その晩のクロップパーティで作ったレイアウトにも使って
みました。これです。散らかるのが難ですが、ちょっとだけ使うにはOK。きれい!

太陽は普通のダイカットの上に、透明なマイクロビーズという、ものすごく小さな
粒のビーズを強力なテープで貼り付けます。ただのダイカットがきれいなテクスチャー
で生まれ変わりました。これは当店では、とりあえず、別ブランドのものを入荷予定
にしています。

キャンプファイヤーは、これまた普通のダイカットの炎の部分に、キラキラしたゴールドの
ティンセルを取り付けました。私達はこれをモジャモジャと呼んで、後でMagic Scraps
のブースで色々な色を買いました。

グリッターで作るタグもあったのですが、これはかなり飛び散らかって、うーん。
少量ならいいかな〜。

クリックすると拡大します。

次のページは展示場の様子です。
クリックして進んでね。