(クリックすると大きな画像が見られます)

アイディア・テクニック集 

「チョークを使いこなす!」

メモリープレイス

Copyright © 2003 by Emiko Kume, Memory Place

メモリープレイス「大好き!スクラップブッキング」HPへ戻る
メールはこちらへどうぞ

アシッドフリーのチョークを買ってみたものの、あまり使う機会がなくて・・・・
という皆さんへ「チョークの使い方」特集です。


実は私もそうでした(笑)。でも本当は色々な使い方があるんです。
もっとチョークを活躍させてあげましょう!と思い、雑誌に書いてあったことなど
色々実験してみました。

チョークは間違えたら消しゴムで消すことができるので、気軽に試してみてくださいね。

チョークを使うにはいくつか方法があります。
 ☆お化粧用のコットンボール、
 ☆綿棒、
 ☆チョークアプリケーター、
 ☆スポンジブラシ、
 ☆筆を水でぬらして、など。

色をつけたら一度、上にペーパータオルかティッシュを置いて押さえます。
必要でしたら、粉を固定するために、スプレータイプのフィキサティフも出ていますが
(その場合はアシッドフリーのスプレーを使ってください)、個人的には、スクラップブック用
には使わなくてもよいと思います。シートプロテクターに入れてしまうし。

以下に色々利用方法をリストしました。それぞれクリックすると詳細を見ることができます。

たくさんあるので見るのが大変かも?!(^^;
マイブームはとりあえず、8、11、12、あたりの、チョークとヴェラムとの組み合わせだったりします。


1.ダイカットに影をつける。
  一番よく使われる方法だと思います。 画像、詳細はこちら。

2.アウトドア的なラフな感じで色をつける。 画像、詳細はこちら。

3.台紙に直接色を付けてオリジナルの台紙を作る。 
画像、詳細はこちら。3−4は同じページにあります。

4.ちょうどいい色のカードストックがない!という時に使う。画像、詳細はこちら。3−4は同じページにあります。

5.スタンプした柄の中に色をつける。 画像、詳細はこちら。5−6は同じページにあります。

6.ヴァーサマークスタンプと一緒に使う。画像、詳細はこちら。5−6は同じページにあります。

7.パターンペーパーの模様の色を変える。 画像、作品例はこちら。7−9は同じページにあります。
  
ぬりえみたいに、色をつけてみると、いつものパターンペーパーも雰囲気ががらりと変わります。

8.ジャーナルの強調したい言葉の上にチョークをぬって、ハイライト的に使う。

  画像、作品例はこちら。7−9は同じページにあります。

9.カードストック、パターンペーパー、ヴェラムをちぎった部分に着色する。

  画像、作品例はこちら。7−9は同じページにあります。

10.文字ステンシルや形のステンシルで色をつけて、ページアクセントやボーダーに
   画像と詳細はこちら。10−12は同じページにあります。

11.ドライエンボスして色をつける。 画像と詳細はこちら。10−12は同じページにあります。

12.ヴェラムの裏に色を付けて、タイトル背景をカラフルに。

  画像と詳細はこちら。10−12は同じページにあります。

13.ファイバーの色を変える画像、詳細はこちら。13−14は同じページにあります。

14.水でのばす。画像、詳細はこちら。13−14は同じページにあります。



「アイディア・テクニック集」目次へ戻る

チョークは「メモリープレイス」の
商品ページでお買い求め頂けます。

チョークのページ