SCRAPBOOKING
スクラップブッキング オンライン教室 
レッスン5

それぞれのスタイル

「スクラップブッキングはピザみたいなもの!」

メモリープレイス

Copyright © 2003 by Emiko Kume, Memory Place

メモリープレイス「大好き!スクラップブッキング」HPへ戻る
メールはこちらへどうぞ
スクラップブッキングを既にやってる皆さん、最初に自分で作ったページはどんなの
だったか、覚えていますか?

私のは上の画像のページです。(画像1、2)
まだこの頃は、専用の道具も殆ど持っていなくて、ステンシルで写真の上に形を
なぞって、はさみで切っていました。ページアクセントもそんなに使わず、
とりあえず写真を置いてみたって感じです。でも、1ページにたくさん写真を
載せることができるし、かわいい形に写真を切ったり、と楽しんでいたのを
覚えています。

それで、少しずつパターンペーパーを買い揃えたり、シールを使ってみたりして、
左のページ(画像3)のような感じになってきました。シールの代わりにスタンプを
使ってみたりとか(画像4)。
「オンライン教室」案内ページへ戻る
進化するスクラップブッキング?!

そして、少しずつ、色々な材料・テクニックを試すようになって、
流行のアイレットを使ってみたり、ファイバーを使ってみたり・・(画像5)

そうすると更におもしろくなってきて・・・・、今も色々試しています。
シールもそのまま貼るだけじゃなくて、マットを置いたり、ファイバーで
囲んでみたりとか。(画像6)

というわけで、私の場合は、どんどん進化していきました。これからも
色々試していって、スタイルがどんどん変わっていくんじゃないかと思います。

ところがですね、夕べ月1で近所のアメリカ人主婦で集まる、クロップパーティ
に行った時に、ふと気がついたのですが・・・・

全然スタイルが変わらない人もいるんですよ。

私はこのクロップグループに参加して、1年以上たちますが、
今も「アルバム台紙に写真をクロップして並べて、
ジャーナルを書いて。たまにシールを貼ってみる。」
と、そういうスタイルをずっと続けている方が数人
います。夕べ、私が皆の前で、アイレットを使ってみた
ところ、「まあおもしろいわねえ。これ何?」って。
で、使い方を話して、「やってみる?」って聞いたのですが、
「私は、写真をアルバムに貼って、記録を書いてどんどん
写真を片付けられれば幸せなのよ〜。」ということでした。

そうなんです。スクラップブッキングは「記録」「長期保存」「クラフト」
という面を持っているのですが、彼女は、「クラフト」の部分には
あまり興味が無いようです。

勿論、それでもいいんですよ!
皆、それぞれスタイルがあるんです。自分が納得して楽しく
できれば、それでいいんです!

「スクラップブッキングはピザみたいなもの!
と、あるアメリカ人のスクラップブッキングのインストラクターが言ってました。
その通りですね〜と納得してしまいました。どうしてピザ?というと・・・

ピザ(スクラップブック)を作るには、
ピザのクラストの部分がアルバム。
その上にチーズ(写真)を乗せる。
その後はもうお好みで作ってください!と。
ソーセージをたっぷり乗せるのもよし、色とりどりの野菜を並べるのもよし。(ページアクセント、飾りのことですね)
辛いのが好きな人は更にペッパーだって乗せちゃうし。
勿論、チーズだけのピザが好きな人もたくさんいるんです。
それから、いつもは具をたっぷり乗せたピザが好きだけど、たまにはチーズだけがいいわ、とか。
当然その反対も有りですね。
とにかく自分にとって、おいしくできあがればOK!!!

というわけで、写真を貼り付けて、ジャーナルを書くだけでもよし。
自分のクリエイティブな部分を少しずつ引き出して、スクラップブッキングの「アート&クラフト」の
部分を楽しむのも大いに結構!私もそういうタイプです。で、別にそれについても焦らなくていいんです。
すぐに色々なテクニックを覚えて利用したい!というのも大いに結構!または、少しずつ気が向いた時に
新しいことを試してみるのも勿論結構!

雑誌に載っているようなスクラップブッキングのレイアウトは本当に素敵なのばかりなのですが、
「こんなすごいこと私にはできないわ〜」と怖気ずかずに、自分のペースで、スタイルで、どんどん
試してみてください。


スクラップブッキングは誰でも気軽にできるクラフトです!

画像1

画像2
画像3
画像4
画像5
画像6